トップ >MENU > 自分の情報を確認したい >郵送による開示の手続き
 郵送による開示の手続き

■受付先

「首都圏開示相談室」宛に、以下の送付書類をお送りください。
なお、郵送による開示の場合、申込書を送付いただいてから報告書の送付(到着)まで、1週間〜10日程度を要しますので、あらかじめご了承ください。

【郵送先】
 〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階 株式会社シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛


▲ページのトップへ


■申込者

1.本人(ご自身の情報を開示する場合)
2.任意代理人(本人から委任を受けた代理人が申込む場合)
3.法定代理人(親権者または後見人が申込む場合)
4.法定相続人(本人死亡の場合)


▲ページのトップへ

■郵送開示に必要な書類等

1.本人が申込む場合

(1)信用情報開示申込書(ご請求方法)

(2)定額小為替証書1,000円分(消費税込み)
※定額小為替証書は、ゆうちょ銀行で発行しています。

(3)ご自分の本人確認書類

※報告書はご本人に「簡易書留・親展」で郵送いたします。
送付方法にご指定のある場合は、こちらをお読みください。

2. 任意代理人(本人から委任を受けた代理人)が申込む場合

(1)信用情報開示申込書(代理人用)(ご請求方法)

(2)定額小為替証書1,000円分(消費税込み)
※定額小為替証書は、ゆうちょ銀行で発行しています。

(3)任意代理人ご自身の本人確認書類

(4)委任状(実印の捺印が必要です)

(5)実印の印鑑登録証明書(発行日より3ヶ月以内の原本)

(6)委任者の本人確認書類

※報告書は、委任したご本人へ郵送いたします。

3. 法定代理人が申し込む場合

(1)信用情報開示申込書(代理人用)(ご請求方法)

(2)定額小為替証書1,000円分(消費税込み)
※定額小為替証書は、ゆうちょ銀行で発行しています。

(3)本人確認書類
【親権者】親権者自身の本人確認書類
【後見人】後見人自身の本人確認書類

(4)その他の書類
【親権者】本人との関係がわかる戸籍謄本
【後見人】本人との関係がわかる公的資料

※報告書は、法定代理人に郵送いたします。

4. 本人死亡の場合

※全国共通ダイヤル(0570-666-414)にお問い合わせください。


■郵送開示の本人確認書類

下記の(1)〜(11)の本人確認書類より、いずれか2点を添付してください。 本人確認書類は、有効期限内のもの、現在有効なものに限ります。
なお、コピーが必要な本人確認書類は、氏名・生年月日・住所・有効期限の記載のある面(住所記載が別の場合はその面)を鮮明にコピーのうえ、添付してください。

(1)運転免許証または運転経歴証明書(コピー)
(2)個人番号カード(おもて面のみコピー)
(3)パスポート(コピー)
(4)各種健康保険証(コピー)
(5)写真付住民基本台帳カード(コピー)
(6)各種年金手帳(コピー)
(7)各種障がい者手帳(コピー)
(8)在留カードまたは特別永住者証明書(コピー)
(9)住民票(本籍地・個人番号がない作成日より3ヶ月以内の原本)
(10)戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
(11)印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

[本人確認書類の注意事項]
(1)本人確認書類のうち1点は、必ず申込書にご記入された現住所が記載されているものを添付してください。
(2)運転免許証の住所が変更されている場合は、うら面もコピーのうえ同封してください。
(3)旧姓などの開示をご希望の方は、旧姓などが確認できる本人確認書類(戸籍謄本等)を必ず添付してください。
(4)本籍地、個人番号、基礎年金番号が記載されている場合は、お手数ですが塗りつぶしてお送りください。
※個人番号に関する「通知カード」は本人確認書類としてご利用できません。
※個人番号が記載された書類のコピーをお送りいただいた場合は、ただちに復元できないようにマスキングし、
裁断廃棄をいたします。
※お送りいただいた書類は返却いたしませんので、ご了承ください。


ページのトップ

  
Copyright 2010 CREDIT INFORMATION CENTER.