ホーム > 信用情報について > 信用情報の交流 > CRIN

CRIN

CRIN(Credit Information Network)とは、当社および全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構の三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。
それぞれの信用情報機関が保有する信用情報のうち、延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などを交流しています。

各信用情報機関の会員会社は、加盟する信用情報機関を通じて、この「CRIN」を利用することにより、消費者への過剰貸付の防止、多重債務者の発生防止に、より一層の効果をあげることができます。

なお、CRINを運営するCRIN協議会では、信用情報機関が取り扱う信用情報の保護に関する諸原則を定め、適正な業務を行うため、「情報交流(CRIN)の実施に関する個人情報保護方針」を策定しています。

CICと提携する個人信用情報機関

CRINの利用目的と利用の同意

CICと提携する上記各信用情報機関に加盟する会社が、次の目的で利用します。

  • 契約者(申込者)の支払能力に関する調査のため

また、CICと提携する上記各信用情報機関に加盟する会社は、信用情報を利用するにあたって、ご本人からの同意を得たうえで利用しています。

CICがCRINで情報交流をする内容

  1. 本人を識別するための情報
    氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号など
  2. 契約内容に関する情報
    契約日・契約の種類・契約額など
  3. 支払状況に関する情報
    異動発生日・情報の種類(異動)・終了状況(完了・貸倒など)など
  4. 申告した内容に関する情報
    申告したコメントなど

CRIN情報の開示について

CICと提携する上記各信用情報機関に登録されている情報の開示を希望される場合は、提携する各機関へお問い合わせのうえ、開示手続きを行ってください。

信用情報について
お問い合わせ
ページトップへ