社長メッセージ

当社は、1984年の設立以来、クレジット取引に係る信用情報を収集・管理・提供・開示する信用情報機関として、関係各位のご協力を得ながら、消費者信用業界の発展とともに歩んでまいりました。

2010年には、過剰与信防止・多重債務防止のための法的枠組みとして「指定信用情報機関制度」が創設され、当社は割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として、経済産業大臣および内閣総理大臣から指定を受け、社会的なインフラとして法律上も明確に位置づけられました。

近年の消費者信用業界におきましては、社会・経済の先行きが不透明な状況にあるなか、生活様式の変化や情報通信技術とデジタル化の進展から、多様なキャッシュレス決済手段が登場するなど、消費者信用市場は新たな成長と変容の兆しが見えつつあります。

このような環境変化に的確に対応して消費者信用市場の一層の発展に貢献していくため、当社としては、従来からの常識や固定概念にとらわれず新たな価値の創出や更なる利便性の向上を追求してまいります。

また、信用情報機関に課せられた責務を果たすべく、常に原点に立ち返り、法令等の厳格な遵守と高い倫理観・価値観を持って行動するとともに、信用情報の保護と整備およびシステムの安全かつ安定的な稼働に努め、真に実効性のある体制を構築してまいります。

今後とも、透明性のある健全な企業運営を心がけ、皆様から信頼される信用情報機関を目指して努力してまいりますので、ご理解・ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長

齋藤 雅之